B型肝炎の給付金

給付金B型肝炎になってしまった場合でも、最近の医療技術の発達によって病気を治すことができるようになっています。しかしながら、病気を治すことができたとしても、治療費の負担の事を考えていかなくてはなりません。しかしながら、仮に子供のころの集団接種の影響でB型肝炎になってしまった場合には国から給付金を得ることができる仕組みになっています。さらには、自分の母親が集団感染によってB型肝炎になってしまっていて、其の結果母子感染によって自分がB型肝炎になった場合も国から給付金を得ることができる仕組みになっています。

給付金を得るには訴訟をすることが必要ですが、比較的短時間で和解となり給付金を得ることができるようになっています。B型肝炎に関する訴訟の場合には法律によって、短期間で訴訟が終了するようになっています。また、B型肝炎にかかっていることを証明するための費用も国が負担してくれますし、難しい法的な手続きを弁護士に代行してもらうような時にも、弁護士費用の一部を国が負担してくれる仕組みとなっています。仮にB型肝炎にかかっていることが判明したら、どのような法的な手続きが必要になるのか弁護士に相談してみるといいでしょう。

〔参照リンク〕
B型肝炎給付金の受給対象者 | B型肝炎訴訟・給付金請求なら弁護士法人アディーレ法律事務所

B型肝炎ウイルス治療

医療機関B型肝炎ウイルスに感染していたとしても必ずしも肝炎となるということではありません。肝炎になった場合には治療が必要になりますが、単にウイルスに感染している場合には必ずしも治療が必要という訳ではありません。肝炎を発症してしまう人の割合は10-15%と考えられています。血液検査によって、B型肝炎ウイルスへの感染が見つかった場合には、直ちに医療機関で診断を受けることが必要です。肝硬変あるいはそれよりもさらに重篤な肝臓癌にかかっていたとしても肝臓の場合には自覚症状が起きにくいので、医療機関でしっかりと診断をしてもらうことが必要になるからです。それを怠ってしまうと、自分の命を失ってしまうことにもなりかねませんので、注意が必要です。

ウイルスへの感染が見つかった場合には大至急病院に行って、治療の必要性について確認をしてみるといいでしょう。病状が悪化する前に治療を開始するのが、どんな場合においても最良の治療法になるものです。もちろんこの考え方はB型肝炎や肝硬変の場合にもあてはまることです。また、子供のころの集団接種などによって、B型肝炎ウイルスに感染している場合には、国から給付金を得ることができますので、医療機関と並行して弁護士に相談することもお勧めです。

B型肝炎ウイルス検査

肝炎のウイルスに感染している方はB型とC型を合わせて200万人近くいると考えられています。そのうちの3割は自覚症状が無いこともあって、感染に気が付かないということも考えられます。そのまま放置しておくと、肝炎の症状が悪化してしまって、重篤な肝臓癌や肝硬変の症状になってしまうことも考えられます。

治療についての相談これまではB型肝炎になってしまうと治癒することが非常に難しいと言われていましたが、医学の進歩によって、B型肝炎も治すことができるようになっています。自分が肝炎かどうか心配な場合には医療機関で検査を受けてみるといいでしょう。検査と言ってもそれほど難しいことをする訳ではありません。血液検査をすればいいだけですので、負担がかかるということではありません。血液を採取してから、1週間ほどで結果を知ることができます。

B型肝炎ウイルスに感染している可能性が検査の結果示唆された場合には、専門の病院を受診して、治療についての相談をしてみるといいでしょう。治療の方針を決めていくために更に詳しい検査が必要になる可能性もでてきます。B型肝炎ウイルスに感染していたとしても、初期の段階であればあるほど回復に向かうことが多いので、早急な対応がお勧めです。

B型肝炎ウィルスとは

B型肝炎ウイルスは1964年にブルーンバーグによって発見されました。このウイルスに感染をしてしまうとB型肝炎を発症する可能性が出て来ます。ウイルスに感染したとしてもすべての人がB型肝炎を発症するということではありません。現在日本には150万人程度のウイルス感染者がいると言われています。そのうちの95%は自然に治りますが、5%の方は肝炎を発症してしまうと言われています。肝炎はだんだんと慢性の肝炎になったり、肝硬変になったり、肝臓がんになってしまうことも考えられます。B型肝炎ウイルスの感染への治療法としてはインターフェロンを用いた治療法や抗ウイルス療法が知られています。

B型肝炎ウイルスB型肝炎ウイルスは血液を介してその感染が起こってしまいますので、輸血を介して感染がおこったり、母子間感染ということもこれまでは起こってしまっていました。現在では医療体制が確立してきていますので、輸血や母子感染が起こることはなくなっています。

日本では1988年ごろまで行われていた集団予防接種の際に注射器を使いまわしていたためにB型肝炎が蔓延してしまうということが起こるようになりました。このような経緯を反省する意味で、国は感染者に対しての救済処置を行っています。集団予防接種によってB型肝炎に感染した場合には国に訴訟を起こすことで、給付金を受けることができる仕組みとなっています。集団感染者の母親からの母子感染の場合にも同様に給付金の受給対象となります。