B型肝炎ウイルス検査

肝炎のウイルスに感染している方はB型とC型を合わせて200万人近くいると考えられています。そのうちの3割は自覚症状が無いこともあって、感染に気が付かないということも考えられます。そのまま放置しておくと、肝炎の症状が悪化してしまって、重篤な肝臓癌や肝硬変の症状になってしまうことも考えられます。

治療についての相談これまではB型肝炎になってしまうと治癒することが非常に難しいと言われていましたが、医学の進歩によって、B型肝炎も治すことができるようになっています。自分が肝炎かどうか心配な場合には医療機関で検査を受けてみるといいでしょう。検査と言ってもそれほど難しいことをする訳ではありません。血液検査をすればいいだけですので、負担がかかるということではありません。血液を採取してから、1週間ほどで結果を知ることができます。

B型肝炎ウイルスに感染している可能性が検査の結果示唆された場合には、専門の病院を受診して、治療についての相談をしてみるといいでしょう。治療の方針を決めていくために更に詳しい検査が必要になる可能性もでてきます。B型肝炎ウイルスに感染していたとしても、初期の段階であればあるほど回復に向かうことが多いので、早急な対応がお勧めです。

Pocket